2010年 03月 08日
TATAMIZE P/O SHIRT
c0199400_21431215.jpg


『永く付き合っていただける シャツ』 だと思います。 


TATAMIZEでは 2004年の立ち上げから、プルオーバーのシャツばかり作り続けてきました。

『プルオーバー』ばかり 製作するのは 僕が求めるシャツに 不可欠な『そのもの』だから

その『様』が 好きだから、皆様に それが少しでも伝わればと思い そればかり作っています。


このシャツを ご提案する理由は

その一枚に詰め込まれた 作り手としての 『拘り/工夫』 

ディティールや素材にフォーカスして、ブランドとしての『付加価値』を刷り込みたいから ではありません。  


2004年から 作り続けてきたプルオーバーシャツの一つの着地点として。  

『普遍的』 『BASIC』 な一枚として 仕上げています。

『それ』が じっくりと伝わってくる一枚

だと思います。
c0199400_21432328.jpg
c0199400_2143293.jpg

                                ■TATAMIZE P/O SHIRT■
Size:S/M/L

Price:15,750yen

Quality :Cotton 100%

Collar :White Stripe

2010・3月20日~25日 TATAMIZE取り扱い店に入荷予定。



c0199400_21532614.jpg


c0199400_21535323.jpg

■WHITE■
c0199400_21535945.jpg

■STRIPE■
c0199400_1724326.jpg

STRIPEは↑の生地に変更になります。 

c0199400_21545690.jpg


c0199400_21574712.jpg
c0199400_215889.jpg
c0199400_21581940.jpg
c0199400_21584357.jpg


アイテムの雰囲気や 大きい写真をご覧になりたい方は ⇒こちら をどうぞ



各DETAILの詳細や サンプルからの変更点は↓をご覧下さい。
c0199400_1439559.jpg


c0199400_1440932.jpg

サンプルからの変更点です。 ↑でも書きましたが ストライプの生地が 写真の物[↑]に変わります。

見た感じ『大差ない』 と思います。 でも 少し違います。 より良い素材になりました。 是非店頭で ご確認を。


それでは、ディティールです。

c0199400_14412451.jpg

2素材 ご用意いたしました。

白⇒オックス

ストライプ⇒ブロード 共に綿100%です。

『定番』という枠からブレない素材感。

オックスは、やや厚めの しっかりした素材感ですが、『ガチガチ ゴワゴワ』な感触ではなく 

『常にワードローブの一部として 当たり前のようにストックしておきたい』 そんな 素材です。  


c0199400_1442386.jpg

ストライプは

『超長繊維綿と呼ばれる・・』 『インド南部で手積みで収穫された・・・・ウンヌン』と

『そうゆう どうでも良い語り』 を書きたくなる素材です。

でも、確かに手触り良いですよ。  何気なく着ていて心地良いし

この ストライプの間隔と巾も、何気なく『乙』です。

『そうゆう意味』で 是非おすすめします。 一度 ご確認を。



c0199400_1454137.jpg糸は

地縫い⇒50番

ステッチ⇒30番 と どちらも綿糸です。綿糸にした理由は 皆さんの思ってらっしゃるとおりです。


ちなみに 釦は『貝』。 スペアの釦は付いていません。 無くしたり 破損したりした場合 取り扱い店様へご相談いただくか

一度、ご自分で『選んで 付けてみていただく』事を お勧め致します。 愛着涌きますよ。


c0199400_15212320.jpg





上衿には 基本的に『芯地』を入れていません。

芯地のない上衿の ステッチが縮んで、収まりが悪くなり

←の様に 後ろの台衿が『チラッ』と見える感じが 個人的に お好みです。[伝わってますでしょうか・・・?]



c0199400_15321913.jpg


ですが、衿先の反り返りは防ぐ為 衿先にのみ フラシ芯をすえています。その芯を止める為、衿先にステッチが入ります。

シャツの『顔』とも言える 衿の形状は 

『低くも無く けして高すぎない台衿』に 

『狭すぎず、けして広すぎない開きの レギュラーカラー』。 身頃に添うように『r』が巧妙な ようは、『永く使える』 そうゆう『顔』です。


c0199400_16182356.jpg









着用時の『様』『心地』として 


袖山には ギャザーが施されます。




c0199400_16554193.jpg




アームホールの 形状を

前をえぐる様にコンパクトにする事で、脇下に生地の余りが少なく 

後ろを緩やかにカットする事で、前方向への運動量を考慮しています。


ご試着の際 『あぁ 何となくね 』と思っていただければ 嬉しいのですが・・。


c0199400_16285455.jpg

カフスは手首にフィットするよう、カーブした形状にカットしています。

ストライプ生地だと それが良く分かるでしょう。 また、時計を着けた時の カフスの不快感を出来る限り軽減する為、釦の位置を若干上目に取り付けています。

カフスの釦は 勿論1つしか付きません。 ご自身の手首に合わせ 釦の位置を 出来ればご自身の手で調節ください。 愛着が涌きますよ。

多分。


c0199400_16354135.jpgc0199400_16355462.jpg


袖と プルオーバーながら前身頃は2枚接ぎになっています。 デザイン的な部分もありますが

生地を無駄なく使い 仕上げる為の工夫として、古いワークウエア等に チョイチョイ見られる仕様だったりします。

昔は 生地の巾も広く織れなかったという事もあり、↑のように接ぎ目を入れたり、耳を使ったりと色々な工夫が
施されていました。

今となっては 『そうする必要は無い』のですが、『それを あえて残す事で、ヴィンテージウエア特有の表情を現代にも・・・・・』とか

『よくある話』とは ちょっと意味合いは違うのですが、 まぁナンというか 

『そうなっていた方が 乙でしょう』という事です。


c0199400_16472919.jpgc0199400_16473931.jpg


ヨークは クラシカルに細め。 また、後身頃はギャザー処理となっています。


c0199400_17181810.jpg


縫製は 織り伏せ縫い。

けして『タイト』ではない 『ジャストサイズ』を 是非お選び頂きたい一枚です。

色々と ツラツラと書いてみましたが

↑の『説明書』は 着用を重ねていく上で 『何となく』お分かりいただければ充分です。

まずは、取り扱い店様にて手に取っていただき

もし叶うなら 是非お試しいただきたい。

何気ない一枚ですが、ワードローブの一部として 連れて帰りたくなる そんな一枚に仕上げています。

気になる方は 是非。
[PR]

by tatamize99 | 2010-03-08 21:44 | SHIRT


<< TATAMIZE DUSTER...      FLIP CHINO >>