2009年 09月 26日
TATAMIZE work pants

c0199400_1439044.jpg


『シンプルであり 飽きの来ないディティールとシルエット 素材のもの』

パンツに求めるモノは 常にそこからブレないと思います。 だから 気をてらったような 一過性的『流れ』を汲まない。

そうゆうものは、結局の所残らないだろうし 僕自身 手にしたいとは思わない。


シンプルで良品的 永く付き合える仕上がりな一本を作る上で  まず重視するべきは素材だと思います。

それはとても、シンプルな色目のものであってもフラットではなく 手触り 表情 硬さ がツボである物が好ましいでしょう。

そして、太からず 細すぎない巧妙なシルエットであり

これからの季節で言えば、丈の長いアウターとの組み合わせにも もってこいの着地。 そういったポイントは 言うまでもなくご確認を。


c0199400_14393238.jpg

c0199400_144058.jpg

                
■TATAMIZE work pants■

Size:S/M/L
price:23,940yen

c0199400_14404840.jpg

WORKなディティール満載な仕上がりでは無いんですけど、無骨な素材感と シンプルな作りによる仕上がりから やはりWORKを連想させる一本。

やや高めなウエストラインから ヒップ ワタリに巧妙なゆとりを持たせ、膝から裾にかけて『ストン 』と落ちるシルエット。

ニットから ナイロン物まで 幅広い組み合わせが期待でき かつ存在感のある一本。 

そういった仕上がりが可能なのは、この素材の持つ風合い 面感によるところが大きいでしょう。
c0199400_14414468.jpg

ウール60% 麻40%の昆率。 ザラザラとした手触りと しっかりとした硬さ 厚みをもち

更にツボな綾感、そして杢糸を使用している事も 『ツボ』でしょう。

ウールモノですが 商品は全てワンウォッシュで仕上げています。ご自宅でも 乾燥機を使わなければ普通に洗っていただけます。 


『良い素材』というのは一般的に、長く細い糸で 密に織られた 滑らかであり しなやかな 美しい素材の事を言うのでしょう。

ですから、皆さんが求める 無骨な手触りに出会う事は ナカナカ難しいのですが

多分こちらの素材には、満足していただけるんじゃないかと思います。

c0199400_14494756.jpg

シンプルなんですが、気の利くディティールとして フロントのホック仕様。


c0199400_14504075.jpg

c0199400_14511078.jpg
c0199400_14512419.jpg

フロント下は2つ釦留め+ホック。 ホックによりフロントの開け閉めが非常に楽です。

フランス的ワークディティールの引用。

ホックはリベット止めされています。
c0199400_1452981.jpg
c0199400_14523935.jpg

↑シルエットはご覧のような感じ。

前身と後ろみの『差』から生まれる細すぎず 太すぎないライン。 シューズとのバランスも巧妙な裾巾も ご試着の際は是非ご確認を。

c0199400_1454661.jpg

c0199400_14542711.jpg


c0199400_145455100.jpg


各所ディティール。 いちいちな説明が必要とは思えないので省略します。

バックポケットは 片玉ブチで スナップ留め。右側のみに施されます。
c0199400_14554527.jpg

股部分には マチ。

c0199400_1456160.jpg

↑ベルト裏、袋布、パイピング、腿裏は 全て共布のスレキを仕様。

写真ではこの部分 キナリのスレキですが、全て黒に変更されます。

c0199400_14563088.jpg


個人的にも かなりお勧めの一本です。

ダークグリーンの 温かみがあるカーディガンに ロンストのシャツ 穿きこんだ茶のフルブローグで このパンツ といったスタイルが 個人的なイメージです。

色目 素材感も含め 何気なく穿けて 全方位型にハマるパンツをお探しの方は 是非お試しください。


*全ての取り扱い店様にサンプルが納品されるのは10月中旬を予定しております。

■取り扱い店■

■札幌■ 
UNPLUGGED

■仙台■ 
ON THE EARTH CLASSIC

■東京■ 
JAM

■大阪■ 
Walls&Bridges
[PR]

by tatamize99 | 2009-09-26 14:57 | PANTS


<< TATAMIZE work j...      TATAMIZE WOOL C... >>